速く走るための筋肉とは

速く走れるようになりたい人は、正しいフォームなどを身に付けるだけではなく、速く走れる体を作ることも必要になるでしょう。
走るときに使う筋肉には、速筋繊維と遅筋繊維がありますが、速く走る場合には、短距離の場合と長距離の場合によって、使われる筋肉が違っていることに注目することがポイントです。
どちらの筋肉が短距離走に向いている筋肉で、どちらの筋肉が長距離走に向いている筋肉かは想像ができるかもしれませんが、短距離走に合っているのは速筋繊維のほうになります。
それは、速筋繊維は、瞬時に大きいエネルギーを必要としたり、素早く筋肉を動かしたり短い時間でする運動に向いているという特徴があるからです。
短距離走以外にも、ジャンプや重量挙げなどをするときは、この速筋繊維白筋が使われているのです。
また遅筋繊維のほうは、反対に長距離走に適している筋肉ということになりますが、この場合は持久力が求められるような有酸素運動をするときに必要となる筋肉ということになります。
ゆっくりと長い時間をかけて運動をするのに向いているのですが、長距離走以外にもウォーキングやサイクリング、水泳などのときにも、この遅筋繊維が使われているのです。
これらの筋肉は鍛えることが出来るのですがが、その割合は、遺伝によって決まっているようです。
しかし、今は遺伝による割合をカバーできる方法も出てきているようですが、短距離も長距離もどちらも速く走ることが出来るようになるというのは困難かもしれません。
なので短距離か長距離のどちらで速く走りたいと思うのかを、はっきり決めれ練習する必要があるといえるでしょう。

 

婚活パーティー
婚活パーティーに参加しよう♪