ガをしたときにするRICE法とは

速く走れるようにするために練習をしている中で、ケガなどの思わぬアクシデントに遭遇してしまうことがあります。
万が一のケガなどが起っこたときのために応急処置の仕方を身に付けておく必要があります。
自分はもちろん、一緒に練習している人がトラブルに見舞われたときには、すぐに応急処置をしてあげることが出来るのが一番です。
トラブルが起きたときに行う応急処置をREST=安静に保つこと、ICE=氷で冷やすこと、COMPRESSION=患部を圧迫すること、ELEVATION=患部を高く上げることのそれぞれの頭文字を取ってRICE法といいます。
RESTは、ケガをしたらなるべく怪我した部分を動かさずに、安静にすることをいいます。
ICEは、ケガした部分を氷などを使って冷やすことで、毛細血管の収縮を促し、痛みとか腫れ、炎症を抑えることができます。
ケガをしてから遅くても15分以内に冷やすほうがよく、10〜30分くらいは冷やし続けるほうが良いとされています。
COMPRESSIONは、伸縮する包帯を使って患部を押さえるなら、心臓から遠いところから上に向かって巻いていくのが重要になります。
はじめは強く巻いて、患部の上のほうは弱めに巻くことがポイントです。
そしてELEVATIONは、できるだけ心臓よりも高いところに患部を上げることが必要になります。
これは、血液や体液が下がって、炎症や腫れなどが広い範囲まで渡るのを阻止することが出来るようになります。
またELEVATIONは長い時間をかけて継続して行うのが良いと言われています。
速く走るために練習するのはもちろんですが、このような対処法を身に付けておくことによって、もしものトラブルにも焦らずに対応することができるでしょう。

 

酵素ダイエットの口コミ
酵素ダイエットの口コミと特徴を貴女に!