速く走ることと水分補給の重要さ

速く走れるように、日々トレーニングをしている人も多いと思いますが、その際に気を付けなくてはならないことがあります。
練習中の水分補給をしっかりするということです。
速く走るために練習をしるとき、汗をいっぱいかいたときは、練習で失った水分をしっかり補わなくてはいけないのです。
どれくらいの汗を自分がかいたのかを知るためにはどのようにすればいいのでしょうか。
この場合はまずトレーニングする前後の体重を測っておけばいいのです。
理想としては2%くらい軽くなることで、もし3%になると思うように走れなくなったり、さらに5%も軽くなってしまうと命に関わる危険性を引き起こす恐れがあります。
必要以上に水分や塩分が失われてしまったら、熱中症になる危険性が高くなるということです。
速く走るためにしっかり練習をしても、こういうトラブルを引き起こしてしまっては意味がないので、こまめに水分補給をするようにしましょう。
その水分補給の方法についてですが、自分でのどが乾いていると思ったときには、すでに脱水症状が出ているということを知っておきましょう。
どんな運動をするのか、どのくらい運動をするのかによっても異なってきますが、15分経過するごとに100mlくらいを補給し、30分経つごとに200mlくらいの水分を補給するようにするといいでしょう。
そして少しの発汗なら水分だけの補給でもいいのですが、たくさん発汗したのなら塩分を含んだ飲み物を摂取するようにしましょう。
しっかりに冷えたドリンクは気持ちがいいですが、キンキンに冷えていると吸収しにくくなるので、温度は5〜15℃くらいの飲み物を補給するのが好ましいといわれています。

 

大阪で評判の痩身エステ
大阪で評判の痩身エステ人気ランキング☆