ハードルを速く飛ぶ方法

学校でハードル走をするとき、思うように速く走ることができなくて嫌な気分になるという人も少なくはないのではないでしょうか。
速く走ることだけでもとても難しいことですが、ハードル走の場合はハードルを跳び越えるという動きが加わっているので、なおさら難しく思ってしまいます。
例えば110メートルハードルをするときは、全部で10台のハードルが決まった間隔ごとに置かれています。
まずハードル走を速くするためには、出来るだけ減速することなく跳び越えられるかがポイントになります。
ハードルの直前で大きくジャンプをして跳び越えるという人もいますが、この方法では走る速度が遅くなってしまうのです。
そのため、出来るだけ低く跳んでハードルを越えることを身に付けることが大事でしょう。
そして、跳び方については、振り上げる足をハードルに向かってまっ直ぐに足を入れて、横から反対の足を抜きます。
腕の振り方は足の動きと連動するように前から少し斜め下へいくようにしましょう。
そして、跳ぶときの足は統一して、10台飛ぶときは10台のハードルを全て全部同じ足で跳ぶようにしましょう。
これが出来るようにならないと、速く走るのに必要なテンポが取れなくなってしまいます。
ハードルに足を引っ掛けたり、倒れてしまっても問題はありませんから、より速く低く跳び越えられるように練習しましょう。
短距離走を速く走るための練習を続けていくと、より速くハードル走を走ることが出来るようになってくるでしょう。
ハードルを跳ぶことを怖いと思っている人は、イメージトレーニングや、まずはハードルの横でハードルを跳んでるつもりで動きを練習することからしていくといいでしょう。

 

セルライトエステ
下半身のセルライトは脚やせエステが効果的!