長距離走を速く走るためにすること

マラソンなどの長距離で速く走れるようになるにはどうしたらいいのか、知りたい人も多いのではないでしょうか。
これに関してはさまざまな方法が考えられますが、まずスタートする前に心拍数を上げておくほうが、長距離を速く走るためには有効といわれています。
スタートする前に心拍数を上げておくことは、走る前に体力を消耗してしまうような気がしてためらわれますが、実際の大会などの場面ではよく見る光景なのです。
スタートしてすぐに走るということになると、呼吸器の循環機能や身体の機能が走ることについていくことができなくなります。
このとき、酸素の需給のバランスが崩れてしまうというリスクを早い段階で引き起こしてしまい、走ることが苦しくなるのですが、このようなことをデッドポイントといいます。
このデッドポイントが早い段階に現れるため、走るペースが愕然と落ちてしまうことに繋がるのです。
このような事態を引き起こさないためにも、心拍数予め上げておく必要があるのです。
そして、ある程度走っていると、ペースを落としていないにも関わらず、走ることの辛さが緩和されたように感じますが、このような状態をセカンドウィンドといいます。
デッドポイントについては、トレーニングがあまり出来ていないときは長く続いてしまうことになって、苦しいまま走り終えることがあります。
また、セカンドウィンドはトレーニングをしっかりしている人に現れるために、長距離を速く走るためには日々の練習が全てということになりますね。