短距離走で速く走るポイント

100メートル走などの短い距離をより速く走るためにはどのようにしたら良いのか考えてみましょう。
スタートをするときは用意の合図のときは腰を上げた状態をキープして、ピストルが鳴らされるのを、
ゆっくり息を吐きながら集中して待ちます。
このときは、目線をスタートライン上か、最初の一歩を踏み出すところに置いておくといいでしょう。
次にピストルが鳴らされたら、利き足を使ってしっかりブロックをキックして、手首が目の位置に届くくらいまで、腕を思い切り振り上げます。
スタートを切ったら、目線をいきなり上に上げるのではなく、しばらくは地面を向いておくほうがいいでしょう。
そして中間のときの疾走は、力を入れるとフォームが崩れるので、リラックスすることが重要です。
素早く大きな動きで、そして柔らかく走ることに集中しましょう。
そしてゴール直前についてですが、ゴールに気を取られないようにしなければいけません。
ゴールが見えてきても関係なく、しっかり走り抜けることが速くなるためには重要なこととなります。
技術面のことをいうと、フォームやバネそして柔軟性が大事になります。
走るのはジャンプすることの繰り返しになるため、上から下に向かって脚を振り下ろし、
大きな力をスピーディ瞬時に地面に与えるようにしっかりと蹴って進んでいきます。
そして、反対側の脚を振り上げることによって、地面に与える力を上げることができます。
このほかにも腕の振りを一緒にすることによって、より大きな力を作ることが出来るようになり、より速く走ることが出来るようになるのです。

 

美容効果を高める
サプリメントで美容効果を高める