ウォーミングアップの種類

速く走るためにトレーニングは欠かせませんが、その前のウォーミングアップも重要な役割を持っているので忘れてはいけません。
速くなるためにする効果的なウォーミングアップの種類は、ジョギング、ストレッチや流しなどがありますが、
どうしてこれらをするのかということについて説明していきたいと思います。
では、ジョギングをすることの意味についてですが、これには筋肉の温度を高めるという目的があります。
筋肉の温度が上がらない状態で走ると、肉離れなどが起こるリスクが高くなってしまいます。
ケガをしてしまっては意味がないので、これは欠かせません。
ジョギングをして筋肉の温度を上げるのですが、これより柔軟な関節の動きをするための滑液の分泌が促されて、可動域がアップして、滑らかな動きができるようになります。
そして、筋肉の機能を最大限に引き出して、筋肉が酸素を吸収する力をアップします。
円滑にエネルギーが供給されるために必要な筋肉の温度は38度といわれています。
また、ストレッチをする意味についてですが、これは関節の可動域を広くするという効果があります。
ストレッチをすることによって関節の可動域を広くすると、スポーツでのケガの予防にも繋がります。
そして流しは、神経の活動を盛んにして、心拍数を上げるという効果があります。
流しをすることによって筋肉が刺激を受け神経活動が盛んになって、筋肉の出力をアップすることが出来るようになるなど、
いきなり走り始めることによって急速に心拍数が増加したり、心臓に負荷がかかるのを抑えることができるのです。
心拍数が増加することによって血液の流れを良くしたり、酸素やエネルギーなどが筋肉に行き渡りやすくなるといわれています。

 

血糖値改善サプリメント
血糖値改善サプリメント@売れ筋ランキング!