スタート前のリラックス方法

速く走ることは走ろうとする本人の精神的な状態と、かなり密接な関係があるといわれています。
大きな大会などのプレッシャーがかかるような場面になると、脚や腕、肩などの一定の場所に力が入って硬直してします。
そうなると、体を思うように動かすことが出来なくなってしまったり、疲れが早く現れるようになってしまうのです。
この状態では、いくら練習をたくさんして、速く走ることが出来るようになったとしても、大会などでベストを尽くして走りきることができません。
しかしスタートする直前というのは、誰でもプレッシャーを感じてしまうのです。
では、どのようにすればリラックスして挑めるかが問題になりますが、そのリラックス方法はいくつかあります。
マラソンなどに限定した話ではありませんが、まずリラックスするためには、深呼吸をすることが有効と考えられます。
あまりと効果ないと思う人もいるかもしれませんが、スタートする直前に深呼吸をすることで驚くほどの効果が期待されるのです。
深呼吸をすることによって、いつもの呼吸の何倍にもあたる酵素の供給が行われることになります。
このことによって血液の巡りをよくして、細胞をリフレッシュすることが出来るようになると考えられています。
そして脳にも作用するので、リラックスしている状態のときに発生するアルファ波が多く排出されるといわれています。
深呼吸の方法としては、鼻からいっぱい息を吸い込み、口からゆっくり吐き出す方法や、息を吸い込んだら少し止めて、そのあとゆっくり吐き出す方法などがあります。
スタートする直前に緊張してプレッシャーを感じたら、自分で落ち着くようにいろいろな方法で深呼吸を試してみてはいかがでしょうか。