速く走るための自己暗示

誰でも一度は速く走れるようになりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。
しかしマラソン大会など本番になるとプレッシャーでお腹が痛くなったり、練習よりもタイムが落ちたりする人もいるでしょう。
せっかく一生懸命この日のために練習をして努力をしてきたのに、結果を出せないまま終わってしまうというのは悔しいですよね。
走る前になると落ち着かなくてソワソワしたりする人は、多くの場合は自分自信が思っているイメージにあります。
練習のときようなタイムが出せなかったらどうしようとか、深く考え過ぎてしまっていることが多いのです。
いくら自分でプラスにもっていこうと色々考えてみても、ネガティブな考えが次から次へと湧いてくるのです。
本番でのプレッシャーに強くなりたいと思っていても、これは性格だから仕方がないと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはないのです。
いざプレッシャーを感じるような場面になってしまったら、ネガティブな考えが現実にならないようにするために、今までしてきた努力を思う出すようにしてみましょう。
速く走るように練習をしてきたのですから、あとは自分を信じて走りきるだけなので、このことように意識を切り替えるのです。
ベストを尽くして走りきるということが目標なわけですから、そのことだけを考えるようにしましょう。
今まで自分が何をしてきたのか、目標は何なのかをしっかりイメージして、頭の中をクリアにすることによって、プレッシャーに打ち勝っていい成績を収められるのではないでしょうか。

 

オメガ3脂肪酸サプリメントの効果
オメガ3脂肪酸サプリメントの効果について