今よりも速く走るために

基本的な速く走るためのコツが自然にできるようになったら、もっと早く走ることが出来るようになるように、中級者向けの方法を練習しましょう。
まず足が地面に着くときには、地面についてから片方の足を上げたのでは速く走ることができないので、足が地面に着くころには片方の足が上がっている状態になるように走るようにしましょう。
そして前方に膝から下を振り出すように走るのは好ましくありません。
鎌を使って掘るような感じで走るようにしましょう。
丸を描くように蹴るのではなくて、直線状を描くようにする必要があります。
真下に真っ直ぐに、足の跳ね返りがくるところを目指すようにしましょう。
走り方は一直線に線の上を走るのではなく、二直線の上を走るのが速くなるためのコツになります。
二直線状に地面につくようにする走り方を身に付けていくと、よりスムーズなフォロースルーが出来るようになります。
また腰の使い方は、足が地面に着く際に、腰で押し込むように走ります。
このとき一緒に反対側のお尻を前に出すようにするのが重要です。
上体を保つように後ろに傾かないようにして、上体を腰より前にして傾けるように維持していきましょう。
目線を前に向けて、体をかぶせるようにしたり、内側に骨盤を締めるようにすることもポイントになります。
また腸腰筋や大腰筋肉をうまく使うようにして
体幹のアーチを作って、おなかの中にある筋肉が伸びるのを感じたらたら、前にぐっと出しましょう。
最後に腕の振り方ですが、肩幅が狭い人や、腕に筋肉があまりない人は、腕を斜め下に振る感じで走るようにするといいでしょう。

 

にんにくサプリメント
失敗しないにんにくサプリメントの選び方!