初心者でも速く走れる方法

初心者でも速く走れるようにするための方法をみていきましょう。
では最初は、どのタイミングで力を入れるかということです。
大抵の人は、地面に足がついてから蹴ろうとしてしまいますが、それだと必要以上に後ろに足がいってしまって、思うように速く走ることができません。
足が後に流れてしまうと、次の動作に移りにくくなってしまいますので、膝を上げてから足をおろすタイミングで力を入れて、足が着地するタイミングのときに力を抜くような感じで走ることをイメージするようにしましょう。
では、どこで蹴るかということです。
自分の身体よりも前に足がつくとブレーキがかかって、速く走りづらく疲れやすい他など、ケガに繋がる危険性もあります。
こんな事態にならないようにするためには、地面を蹴るときに、自分の身体のまっ直ぐ下を蹴るようにすることがポイントです。
そして、どの部分で地面を捕らえるかということも重要です。
かかとから足をつくとか、つま先から足をつくと思う人は多いと思いますが、これは間違いです。
正しくは足の親指のつけ根あたりにある母子球という部分から、地面にたいして上から捕らえるように足をつくようにします。
また、足が地面につくとともにちょっとつま先を上げるようにイメージすると、次の動きに移りやすくなるでしょう。
そして、足の使い方も覚えておくことが重要になります。
このときもものつけ根から足と考えるのではなくて、おなかのあたりから足が生えているとイメージします。
これは腰を使って走ることで、速く走れるようになるからです。

 

成長ホルモンサプリメント
身長を伸ばす成長ホルモンサプリメントについて