速く走るための正しい走り方

速く走れる人になりたいというのであれば、ちゃんとした走り方を身に付けなければいけません。
そこで、いまから正しい走り方を考えていき、速く走ることが出来るようにしまましょう。
では、速く走るためのポイントとして、覚えておくべきことが3つあります。
1つ目は、走るときは体をまっ直ぐにしておくことが重要になります。
しかしここで体をまっ直ぐにするというのは地面と垂直になるようにするということではなく、背中と骨盤を一直線になるように曲げないということを意味します。
こうすることで、足を地面にしっかりつくことができて、そのうえ地面から返ってくる力を利用することができるようになります。
さらに重要なことは、もものつけ根からつま先までを上から下に向けてまっすぐにおろして、勢いよく弾ませる感じにすることです。
この方法なら、地面に足がついたときに受ける地面から返ってくる力をムダにしなくていいのです。
また最後に重要なことは、地面に片方の足がついたときに、もう片方の足が後ろから前に出て、前の足の膝を速く追い抜くことです。
これが大事なのは、地面を前脚が蹴る力と後ろ脚をふる力を一緒に地面に与えて、よりいっそう地面から返ってくる力を受けられるようにするという目的があるからです。
この方法で、もっと力いっぱい体を前に押しやることができるようになるのです。
最初はこの感覚がつかめずに難しいとおもうかもしれませんが、きっと速く走ることができると信じて、日々トレーニングに励めば、自ずと結果として現れるようになるはずです。

 

マグネシウムサプリメント
マグネシウムサプリメントについてのまとめ