スタートダッシュで差をつける

タイムを競うときにスタートダッシュをマスターしておくと、タイムを大きく縮めることができるよになります。
それは速く走るということに繋がってくるというわけです。
スタートダッシュをするときのポイントは実に簡単で、誰よりも速く走るために、スタートしやすい体勢を探すだけです。
では最初にすることは、左足と右足のどの足で踏み出すと速く走れるのかを知ることです。
いろいろなスタートダッシュをしてみて、スタートの合図と合わせやすい足や、蹴り出しやすい足はどの足なのかを探します。
どの足が一番いいかわかったら、つぎは立った状態でスタートするスタンディングスタートの練習します。
この練習をするのは、スピーディにスタートできるように用意する体勢を覚えることです。
垂直跳びや立ち幅跳びをするときに思い切り飛び上がるるように、ひざを曲げた体勢を作ります。
そして、つぎに左足か右足のどちらかを前に出す姿勢をつくりますが、このときに活かせるのが先に練習しておいた左右のどちらの足で踏み出すほうが速いかということです。
スタートの合図と合わせやすい足を後ろにして、蹴り出しやすい足を前のほうにセットして、スタートまで待機します。
このやり方でスタートダッシュをしてみると、いままでの感じとは違った感じを実感できると思います。
この方法で力強く、そして素早く一歩を踏み出すことが出来るようになり、その状態の勢いままのスピードでいけるような感じになるでしょう。
速く走れるようになりたい人は、速く走るためのプロセスを習得するためにこのやり方えを練習してみるといでしょう。

 

安いウォーターサーバーは?
ウォーターサーバーで一番安いのは?