速く走るために腕のふり方を見直そう

日々速く走れるようにトレーニングをしていてもタイムが伸びないというひとは、走り方に問題があるかもしれません。
たとえば腕ふりがしっかりできていないためにと、速く走ることができなくなってしまうことがあるのです。
腕のふり方というのは、速く走ることと重要な繋がりがあるのですが、しっかりと腕をふることができているときは、脚にもその力がちゃんと伝わるようになって、速く走ることができるようになります。
そこで正しい腕のふり方と、自分の腕のふり方を比べて、改善策を考えて行きましょう。
では、まずはじめにまっすぐ立って正しい体勢をつくりましょう。
そして、直立不動の姿勢を保ったままの状態で前に倒していきます。
ゆっくり傾けていくと、一定のところまで前傾したところでまえに転倒しそうになりますが、このときに片方の脚が前に出ると思います。
この姿勢こそが走るときの基本的な姿勢になるのです。
この姿勢をやってみたら、つぎは片方の脚を踏み出したままで、90度に曲げた肘を作って、前後に動かしてみます。
このとき、腕に力を入れず、リラックスした状態でするのがポイントになります意識して行いましょう。
また、ただ単に腕を前後に動かすというのではなくて、このときに角度に気を付けることが重要です。
基本的には、腕を前にふったときに、自分の顔に親指が指しているくらいの角度を意識して行うと良いでしょう。
そして、肘から下だけを動かせることなく、肩の筋肉にも意識を向けて、腕を全体的にしっかり動かせるのが重要になります。

 

セルライト解消エステサロン
セルライト解消エステサロン