速く走れない原因とは

子どもさんが速く走ることができなくて、運動会やマラソン大会などでいつも順位が悪いということを悩んでいるひとも多いのではないでしょう。
運動神経が悪いのではと心配になるかもしてませんが、子ども自信も足が遅いことでコンプレックスを抱いているかもしれません。
ですが運動神経が悪いと諦めてしまうのは早いかもしれません。
それは速く走ることが出来ないことは、原因があるからなのです。
足が遅いという考え方に間違いがあることを知ることが必要になります。
まず足が遅いのは、スピードが出せていないのではなくて、体力不足が原因になっていると考えられるからです。
走る距離が短くても、走りきるだけの体力が子どもにない場合は、後半はバテてしまってスピードがおちて、その結果速く走ることが出来なくなるということになるのです。
さらにはスタートダッシュや、腕のふり方、ももあげのような重要な要素の改善も必要ですが、体力を気にしていない人は意外と多いです。
学校に通うようになったら運動神経が悪いと諦めていた子どもは多くの場合、経験不足が要因だあると言われています。
幼稚園のころに身体を使って遊ぶ機会が少なかった子どもは、運動の能力が低くなってしまう可能性があります。
学校に通うようになってから能力を上げることはできますが、出来る限り幼児期にからだを動かして遊ぶ習慣を身に付けておくと、
経験不足で他の子に劣ることなく、速く走ることができる体力を身に付けることが出来るようになるのです。
遊び方はただたくさん走ることを強要するのではなく、公園などにある一般的な遊具を使う遊びで十分なのです。

 

サプリメントで肝臓機能を回復する
サプリメントで肝臓機能を回復するポイント!