中距離走で速く走るには

中距離走で速く走れるようにするためには、速度を出すための瞬発力や速度を保つための持久力、そして運動をキープするのには欠かせない心肺の機能を高めることを習得しておく必要があります。
中距離にはさまざまな種類があるので、走る距離によってそれぞれの能力を同じにすることが求められます。
ただ全力疾走をするというやりかたでは途中でエネルギー不足になってしまいますし、ゆっくりと様子をうかがていては、競争している相手に勝つことはできません。
そして競争している相手と駆け引きをするようなこともあるので、中距離走はとても難しいスポーツといえるでしょう。
そのため、思うように速く走ることができなくて、悩んでいる人が少なくないのですが、初めてのひとでも実践してみれば伸びる方法もあるので試してみるといいでしょう。
一つ目は腕の振り方を見直すことが重要になりますが、力いっぱいに腕を必要以上に振り過ぎてはないでしょうか。
中距離走において腕の振り方は、肩に力が入らないようして足の動きと一緒に、自然に振るぐらいで十分なのです。
そしてこのほかにポイントとなることは、どの場所を走るのかを考えることです。
多くの人は内側を走ろうとしますが、実際は外側のほうが有利なこともあるのです。
内側を走ってしまう自分よりも先に走る人との歩幅が合わなくて転んでしまうトラブルが起きてしまったり、リズムが合わなくてペースが乱れたりということがあります。
外側を走るともっと距離を走らなくてはいけないように思う人もいるかもしれませんが、本当はそんなに違いはありません。
このようなことから、外側を走りながらラストスパートの瞬間をうかがいつつ、ほかの人が前に出てきたら自分も離されないようにすることで、より速く走ることが出来るようになるでしょう。

 

鉄分サプリ比較ランキング!